主催者挨拶

第34回日本エイズ学会学術集会・総会
会長 桒原 健
一般社団法人 日本病院薬剤師会

この度、第34回日本エイズ学会学術集会・総会のお世話をさせて頂くこととなりました。2020年11月27日(金)から11月29日(日)の3日間、幕張メッセ国際会議場で開催する予定です。

1981年6月米国で、後にAIDSと呼ばれる症例がMMWRに報告されてから約40年が経過しました。抗HIV薬は1987年に満屋裕明博士らが開発されたAZTを始めとして、これまで多くの薬が開発され、現在では1日1回、1回1錠での服薬が可能となっています。

HIV/AIDSに関わる「薬」は、抗HIV薬だけではなく、その他日和見感染症などの治療薬から抗がん薬も含め幅広い薬が使われています。さらに、中毒性を有する薬物、こころのくすりや健康食品など、様々なものが関係しています。

今回は、薬剤師という職種の医療者が初めて大会長を仰せつかった学会であり、HIV/AIDSを「くすり」という観点から見てみたいと思います。

また昨今、働き方改革の問題がクローズアップされています。HIV/AIDSの診療は日本のチーム医療の最先端を走ってきたのではないかと思います。チーム医療を実践してきた医療者としての観点からも、多くの職種の皆様方とチーム医療を考えてみたいと思います。

今回のエイズ学会はテーマを「進化を続ける抗HIV薬 〜Prevention, Treatment, and Beyond〜」といたしました。メインテーマの中に「抗HIV薬」という言葉を掲げました。これまで進化を続けてきた薬の歩みを振り返ると共に、我々がHIV/AIDSの薬物療法から学んだことを再確認し、今後さらに進化する未来の薬や、それを取り巻く環境などについて議論できる場にしたいと考えています。薬は治療から予防へと拡がりを見せています。そして、その先の未来の姿にも、今回の学会では触れてみたいと思います。

2020年は7月から9月にかけて東京でオリンピック、パラリンピックが開催されます。記念すべき2020年に幕張の地で日本エイズ学会学術集会・総会を開催できることを、とても光栄に思うと共に、大きな責任を感じています。

本学会がご参集の皆さまの意見交換の場となり、さらにHIV/AIDSの未来を築く場となりますよう願っております。多くの皆さまのご参加を心よりお待ち申し上げております。